八尾市生涯学習センターかがやき

Friend ship

フレンドシップ

HOME > フレンドシップかがやき

フレンドシップかがやき

八尾市生涯学習センターでは、「市民の生涯学習活動の推進」を目的としています。
そのため、基本的に講座は、初心者向けに開催され、生涯学習活動のすそ野を広げることを目的とし、その後
市民主体のクラブ活動へ移行し、より学びを深め活動の場を広げていただく事を目的にしています。
また、社会貢献に従事していただき、八尾市の文化発展に寄与する事も目的としています。

フレンドシップかがやきの特典
(センターからの支援)

部屋の優先利用 6ヶ月前から、施設の予約が出来る(一般団体は3ヶ月前から)
ロッカーの利用(無料) 1団体に1つロッカーの利用ができます。
フェスタかがやきへの出演 参加費一人500円必要です。
(フェスタかがきへの参加は、生涯学習講座と利用登録団体のみです。一般団体は参加できません。)
*参加費はすべてフェスタかがやき開催に使用します。
広報誌(名鑑)の発行
・情報コーナーでの広報
年1回登録団体の名鑑を発行し、配布。学習センター1階情報コーナーでの広報

フレンドシップかがやきに登録するには…
(必要条件)

生涯学習センターで
開催される事業への参加
1.総会 年1回開催
2.幹事会が主催する事業と役員
(2年任期)
約80団体が登録、その中で交代で
役員を引き受けていただきます。
3.フェスタかがやき実行委員
(2年任期)
ボランティア活動 社会貢献活動(ボランティア活動)
(福祉施設への慰問コンサートや学習センターで開催されるこども講座等、
各団体それぞれ独自に活動。毎年の活動が望ましいが、最低3年に1回は活動)

フレンドシップ一覧

フレンドシップ一覧はこちら

フレンドシップかがやき写真ギャラリー

利用団体登録要綱

(目的)
第1条 市民の生涯学習活動の推進を目的とした団体、サークルの健全な育成を図るとともに、八尾市生涯学習センターの有効かつ円滑な利用を図ることを目的として本要綱を制定する。

(登録団体の種類)
第2条 登録団体の種類は、次の各号に該当するものとする。
(1) 社会教育法(昭和24年法律第207号)第20条に該当する活動を目的とした団体で、従前の中央公民館クラブ認定登録要綱により認定された団体。
(2) 八尾市生涯学習センターが主催する講座から生じた団体。
(3) 市民の生涯学習推進のために、献身的な活動を行う団体のうち、八尾市生涯学習センター指定管理者
(以降、指定管理者と記す)が適当と認める団体。
2 前項に規定するもののうち、専任講師がその団体を主宰する団体は除く。

(登録の基準)
第3条 登録の基準は、次のとおりとする。
(1) 市民又は市内在勤者を主たる構成員とし、概ね5名以上で構成され、活動のための組織が独立し、会務及び活動に民主的で公開性があるもの。
(2) 活動が継続的で計画性があり、八尾市生涯学習センターを定期的に利用するもの。
(3) 団体運営に係る会費が定廉であるもの。
(4) 八尾市生涯学習センターが実施する事業及び研修会等に積極的に参加し協力しうるもの。

(申請及び登録)
第4条 登録を受けようとする団体は、次に掲げる関係書類を添えて、指定管理者に申請するものとする。
(1) 登録申請書
(2) 会則又は規約
(3) 会員名簿
(4) 活動計画書
(5) 予算書
(6) その他
2  指定管理者は、申請のあった団体について関係種類を審査し、適当と認めるときは名簿に登録する。

(登録の有効期間)
第5条 登録の期間は、毎年4月1日から翌年の3月31日までの1年間とし、継続して登録を希望する団体は、定められた期日までに登録申請書を提出しなければならない。ただし、新規に登録を希望する団体で、生涯学習センター長が適当と認めた場合は、年度途中であっても受付けることができる。

(登録団体の禁止事項)
第6条 八尾市生涯学習センター利用団体として登録された団体は、つぎの行為を行ってはならない。
(1) もっぱら営利を目的とした事業を行うこと。
(2) 特定の政党の利害に関する事業を行ったり、公私の選挙に関し特定の候補者の支持をすること。
(3) 登録の目的に反する施設の利用や、著しく秩序を乱す行為。

(登録の取消し)
第7条 この要綱に定められた事項を遵守しない団体には、登録を即時に取り消すことができる。

(報告書の提出)
第8条 登録団体は、年度終了後すみやかに次に掲げる報告書類を、生涯学習センター長に提出しなければならない。
(1) 活動記録
(2) 決算書

(指導助言等)
第9条 生涯学習センター長は、登録団体に対して、必要な指導、助言をすることができる。
2  前項の目的のために、生涯学習センター長が必要と認める登録団体に対しては、ロッカーを使用させることができる。
3  生涯学習センター長は、登録団体が、八尾市生涯学習センターを使用する場合において、使用する施設、日程等について、必要な調整をすることができる。

(委任)
第10条 この要綱に定めるものの他、必要な事項は、生涯学習センター長が定める。

附  則
この要綱は、平成6年6月1日から施行する。
附  則
この要綱は、平成10年3月10日から施行する。
附  則
この要綱は、平成13年4月1日から施行する。
附  則
この要綱は、平成19年4月1日から施行する。