八尾市生涯学習センターかがやき

Art

八尾美術展

HOME > 八尾美術展

八尾美術展

八尾美術展は、市民の美術活動の場として、豊かな地域の形成と文化の振興に寄与することを目的に、昭和35年の八尾市立労働会館の落成記念に、第1回八尾美術協会展として始まる。翌年の第2回展より公募展として、働く人の美術展を併催。以後、毎年開催。昭和57年第23回展より、「八尾美術展」と展覧会名を改称。平成6年に八尾市生涯学習センター「かがやき」のオープニング事業として第35回記念八尾美術展を開催し、40周年記念、50周年記念を経て、審査体制を充実し、府下でも屈指の美術展に成長。平成31年7月には、60周年記念が開かれる。現在は、絵画(洋画・日本画・水彩画)、陶芸、立体造形、児童画の総合的な美術展として、毎年7月初旬に6日間開催している。主催は八尾美術開催実行委員会。

八尾美術展の写真ギャラリー